フローリングの修理をする際に知っておきたいこと

main-img

フローリングは、リビングなどの床材として使用されますが、日常的な使用によりダメージを受けることも多くあります。キズやヘコミ、そして部材の劣化などが気になる場合は修理を行うことができますが、その際にいくつか知っておきたいことがあります。


まずは、フローリングの種類についてのことであり、種類としては、無垢タイプと複合タイプの主に2種類があります。「無垢タイプ」は、天然木をそのまま一枚の板にしたもので、あたたかみのある風合いが魅力ですが、値段も高くなります。


一方の「複合タイプ」は、合板に天然木の板を貼り合わせたもので、無垢タイプよりも値段は安くなります。


ですので、張替えが必要になる場合は床材の種類によっても費用が異なるということになるでしょう。

次に知っておきたいのは、「自分でもできる修理」についてです。

東京の浴室のリフォームを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

最近では、ホームセンター等で、さまざまなリフォーム用の道具や工具が販売されているため、それらを購入して使用することで修理を行える場合もあります。

フローリングに関しては、キズを埋める粘土や、上から塗ってキズを隠すマーカーやクレヨンなどが販売されています。


しかし、これらの方法は、根本的なキズやヘコミなどの解消にはなりませんし、限度があると言えるでしょう。
さらに知っておきたいのは、「修理の度合いにもさまざまある」ということで、部分的な作業で済む場合や、全面的な張替え工事が必要になる場合などがあるということです。

朝日新聞デジタルの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

張替えに関しては、床材の種類や工法によって費用が異なりますが、部分的な作業で済む場合よりも費用は高くなります。
修理費用の相場としては、2万〜5万円程度だと言われており、単価にすると1平方メートル当たり1万円程度という場合が一般的です。



土地関係の真実

subpage1

昭和のころは畳が主流で、ちゃぶ台やこたつで御飯を食べるのが当たり前でした。近年の住宅は洋風スタイルが多くフローリングタイプでしょう。...

more

対策方法

subpage2

DIYや家具製作がブームになっている現代、自宅の補修や修理も自分で手掛けてしまおうという方が増え、ホームセンターなどでは修繕キットが飛ぶように売れています。傷や汚れがつきやすい床板やフローリング補修も、顕著に自分で手掛ける方が増えている箇所のひとつでもありますが、目立つ傷はやはりプロの技術によって修繕するのがおすすめと言えるでしょう。...

more

驚く情報

subpage3

住宅の中や外で自分でできる修理など自分で行うDIYがありますが、それを行うにも限度があり自分で修理が可能な場所であっても、避けた方がいいものもあります。また、自分で行うことが難しいものもあり、そのような場合はプロに任せることが必要になることもあります。...

more

土地の基本知識

subpage4

フローリング補修が必要になってしまうことがあり、表面に非常に目立った傷が付いてしまったり、穴が開いてしまうこともあります。水分によって腐食を起こしてしまう可能性もあり、フリーリングを使っている場所によって、損傷具合が異なるケースがあります。...

more